急遽お金が必要なときのカードローン

 

飲み会

 

給料日までお金が足りない!でも飲み会に誘われちゃってどうしても断れない・・こんなときありますよね。みなさんはどうやって対処しているのでしょうか。貯金を切り崩して?ひとにお金を借りて?飲み会を断る?次の給料までのつなぎならカードローンがおすすめです。

 

 

 

カードローンとは?

 

無担保・無保証でお金を借りられるサービスでカードを使ってATMなどから借り入れをするのでカードローンと言われています。キャッシングと呼ばれることもあります。

 

目的ローン(自動車ローン、教育ローンなど)と違って利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れをすることができます。
借り入れや返済がスーパーやコンビニにある提携ATMからもできるので身近で便利に利用できます。
利用限度額は契約時に返済能力に見合った金額を決められますがその後の取引の状況によっては増額することもできます。
都市銀行、地方銀行、消費者金融、信金、ろうきん、JAなどさまざまなところで取り扱っています。

 

このように使い勝手がいいので結構たくさんのひとが利用しています。申し込んだその日のうちに借りられるカードローンもありますが急な出費で困ったときのために1枚用意しておくひともいますので検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

賢い利用法は“できるだけ早く返す”

 

貯金箱

 

カードローンはとても便利なサービスですが目的ローンなどに比べると金利が高く設定されていますので借入期間が長くなると利息が大きな負担になることもあります。支払う利息を抑えるにはとにかく“できるだけ早く返す”ことです。そのためには借り入れ前にどうやって返済していくかあらかじめ決めてから借りるのがいいですね。下に返済できなくなったらどうなるのか?についてまとめましたので参考にしてください。

 

 

返済できなくなるとどうなるの?

 

困った

 

  • 携帯電話に連絡がくる
  • 連絡がとれないと何度もかけてきたり自宅へ電話がかかってくる
  • 支払いを促すハガキ、督促状が届く
  • 取り立てにやってくる
  • 簡易裁判所から督促状が届く(一括で支払うように請求される)
  • 給料が差し押さえられる

 

支払い約束が守れないと段階的に手段をかえて督促されることになります。支払いが遅れるとその分だけ遅延損害金という迷惑料を支払わなければなりませんし、延滞が何か月も続くと信用情報に事故情報が記録され他のローンが組めなくなる場合もあります。どうしても支払えなくなってしまったら債務整理をすることになります。そうなることのないよう返済計画をしっかり立てて計画を守った利用を心がけましょう

 

更新履歴